友達に指摘され始めたプロペシア生活|フィナステリドの真の力を知る

薄毛改善薬

【薄毛へ悩む人のための薬】
日本では2005年から販売がスタートしている「プロペシア」とは、国内で薄毛に悩む90%の人がAGA(男性型脱毛症)とされ、これを治療できる飲み薬となっています。すでに60を超える国で承認されている薬になり、多くの男性の"抜け毛"や"薄毛"といった脱毛症の症状を改善することができます。
用量の規格には2種類があり、
・0.2mg
・1.0mg
となり、これは成分であるフィナステリドの用量を示しています。
また、専門医の判断で用量が適宜に増減すると言われています。
「保険の適用」がないことでも知られている薬で、
・診察
・検査
・薬の処方
までの受診してから薬の処方までにかかる費用は全てが自費での負担となります。
ちなみにプロペシア1.0mgの価格は350円ほどになっています。
【高い治療費に悩んだら】
プロペシアにはインド製のジェネリックが存在しています。
「フィンペシア」と呼ばれる薬です。
同じフィナステリドを使用して製造されている薬になるので、先発薬同様に脱毛症の症状を改善することができます。
フィンペシア1.0mgで価格は45円前後となっていますが、まとめて購入することで36円程度まで1錠の価格を下げることが出来るので、おまとめ購入がオススメ。
かなり薬代を抑えることができ、これらの薬は長期服用が必要となるだけに価格が安くなることはフィンペシアへの切り替えは、大きなメリットになるはずです。
ちなみに服用期間は6ヶ月~1年となっています。
【副作用】
成分フィナステリドを服用することにより起こる副作用は男性にとって少し悩ましいことになるかも知れません…。
・リビドー減退
・ED(勃起障害)
が挙げられ、服用した10%の人に見られると言われ確率は高くはないものの服用前にSEXに障害が起こるかも知れないという事は理解しておく必要があります。
【使用時のPOINT】
市販薬で売られている「リアップシリーズ」に配合されている成分"ミノキシジル"の育毛成分とは相性が良いとされ、併用することで相乗効果を期待できるのでオススメ。